初夏のおススメコーデ②

皆さん、こんにちは。

 

 

前回に引き続き、「初夏のおススメコーデ②」を分かりやすく説明・ご紹介します!!

 

 

 

気候が暖かくなると薄着になるため、お洒落指数が下がりがちですね。。。。

 

 

では、そもそも熱くなるとなぜお洒落指数が下がるのか??

 

 

答えは簡単。

 

 

皆さん、一年中トップスを主役にしているからです。

 

 

 

無意識のうちに、お顔に近いアイテムから選ぶことが多くないですか?

 

 

アイテムバリエーションが増える・重ねて着る機会が増える秋冬であれば、この選び方でいいと思います。

 

 

ところが、夏だと、Tシャツやカットソーを重ね着しないし、単品で着ることが多くなりますし、目に見える服の面積はトップスのほうが小さくなりますね?

 

 

これでは、コーディネイトの主役になりにくいことが多いのです。

 

 

 

 

 

 

そこで初夏~夏にかけて当店が推奨しているスタイリングは、「ボトムスを主役にする!」ということです。

 

 

「シンプルな着こなしなのに、お洒落!」に見えることって、誰もが憧れる着こなしですね??

 

 

 

では、さっそく実例をご覧ください。⇓    ⇓    ⇓     ⇓     ⇓

IMGP0626

最初に目が行くのは、スカートですね。

 

 

そーなんです!

 

 

最初にスカートから選ぶと、スカートに合うほかのアイテムを意識して選びますね。

 

 

当店が考える「コーディネイトの主役の定義」とは、ボトムスでもトップスでも第一に「主張する色・柄」です。

 

 

春夏の場合なら、ボトムスに主張する色・柄ものを選ぶということですね。

 

 

第二に、「コーディネイトの脇役の定義」は、「主張する主役を引き立てる色・デザイン」ということになります。

 

 

上の画像であれば、薄いグレーのボーダーと肩にかけた薄い杢調の麻のカーディガンということになります。

 

 

脇役の色選びのコツは、「主役よりも薄い色か暗い色を選ぶ」ことです。

 

 

薄い色よりも濃い色のほうが、また、暗い色よりも明るい色のほうがインパクトが大きいという法則に従っているだけなんです。

 

 

そして、コーディネイトの締めくくりは、やはり、靴になります。

 

 

このコーディネイトにインパクトをさらに加える役割をしているのが、シルバーのエスパドリーユとハラコのオペラパンプスです。

 

 

どちらも無機質な色ですが、素材使いに特徴があるために、「フツーに見えない!」のです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

よかったら、お手持ちのアイテムで試してみてください。

 

 

 

(スカート・・・SACRA 24000  ボーダー・・・SONO 13000  肩にかけたカーディガン・・・MAJESTIC FIRATURE  13000   エスパドリーユ・・・GAIMO 13800  オペラパンプス・・・LA BOTTE GARDIANE 36000 )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡市 レディースセレクトショップ
『WH vision』にご興味がある方は、今すぐ、お気軽にお電話ください。

WH vision tel 092-836-9857 月曜~土曜 10:00~18:00
定休日:毎週日曜日

「ホームページを見て、お電話していますが・・・」
とおっしゃってください。
私たちは、一切売り込みは致しませんので、ご安心ください。

24時間対応のインターネットでの
お問合せはこちらをクリック!
このページのTOPへ